コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉野丈助 すぎの じょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉野丈助 すぎの-じょうすけ

?-? 江戸時代中期の陶工。
伊予(いよ)(愛媛県)砥部(とべ)焼の祖。安永4年(1775)大洲(おおず)藩主加藤泰候(やすとき)の命で磁器製造の責任者となり,五本松村上原(かんばら)(砥部町)に開窯。試作をかさね,6年にはじめて磁器焼成に成功した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の杉野丈助の言及

【砥部[町]】より

…この両川沿いに低地が開ける。砥部焼として知られる製陶の町で,文禄・慶長の役のとき朝鮮から渡来した陶工が始めたという伝えがあるが,安永年間(1772‐81)五本松の上原(かんばら)に窯を開いた杉野丈助が砥部焼の祖とされる。大洲藩の保護奨励もあって発展,現在は食器,花器,茶器のほか電気碍子(がいし)の生産も多い。…

※「杉野丈助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杉野丈助の関連キーワード砥部[町]砥部焼伊予砥信吉陶工

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android