盛唐(読み)せいとう

精選版 日本国語大辞典 「盛唐」の意味・読み・例文・類語

せい‐とう ‥タウ【盛唐】

〘名〙 中国、唐代を初・盛・中・晩の四期に区分したその第二期。通常玄宗の先天元年(七一二)から代宗の永泰元年(七六五)までをさす。特に文学史で用いられる区分で、王維・王昌齢・元結・杜甫・孟浩然・李白らが出て、唐詩の黄金期とされる。
太平記(14C後)四「盛唐(セイタウ)詩人、杜少陵天宝の末の乱に逢て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「盛唐」の意味・読み・例文・類語

せい‐とう〔‐タウ〕【盛唐】

中国、代の文学史を4期に区分した、その第2期。玄宗の先天元年(712)から、代宗の永泰元年(765)までの約50年。唐詩の黄金期で、詩人に李白りはく杜甫とほ王維孟浩然もうこうねんらが出た。→初唐中唐晩唐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android