李 広利(読み)りこうり

旺文社世界史事典 三訂版の解説

?〜前88
前漢の武将
妹の李夫人が武帝のを得たのに伴い,彼も用いられ,帝の命で前104〜前102年西域の大宛国(フェルガナ)を攻め,国都を陥落させた。さらに康居・烏孫 (うそん) などを従え,漢の西域発展に寄与。妹の子を皇太子にたてようとして失敗し,前90年匈奴 (きようど) を攻めたが,逆に捕らえられて殺された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android