コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏孫 うそんWu-sun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏孫
うそん
Wu-sun

中国,漢代から南北朝時代の初め頃まで天山山脈の北方にいた遊牧民族。人種については,トルコ系とする説と,インド=ヨーロッパ系人種が混血してトルコ化したものという説とがある。初め東部天山山脈の北麓で匈奴に服属していたが,やがて匈奴と連合して月氏を討ち,このため月氏はその本拠をアフガニスタンの北部に移さざるをえなくなった。漢の武帝は匈奴を挟撃するため,張騫 (ちょうけん) を烏孫につかわして同盟を結び,漢のトルキスタン進出に成功した。しかし,烏孫内部では親匈奴派と親中国派とが対立した。2世紀後半には鮮卑の圧迫を受け,さらに5世紀後半には柔然に侵略されてパミール山中に逃れ,歴史から姿を消した。突厥の支配民族阿史那 (あしな) を烏孫の後裔とみなす説があるが,確かではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

烏孫【うそん】

中国の漢代から南北朝初期まで,天山山脈の北のイリ川流域で遊牧していた民族で,トルコ系とする説が有力だが,今後の考古学的調査の成果にまつところが多い。漢の武帝が張騫(ちょうけん)を派遣してから中国と交渉をもち,以来友好関係を保ったが,内部で親漢派と親匈奴派との対立が起こり,2世紀後半に鮮卑に圧迫され,5世紀後半には柔然に侵略され,史上から名を消した。
→関連項目月氏康居

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うそん【烏孫 Wū sūn】

セミレチエ一帯(イリ川流域)の古代遊牧民。〈西極馬(天馬)〉の供給地としても有名。前2世紀後半から鮮卑支配下に入るまでの約300年間,張騫を派遣するなど烏孫と結んで匈奴を制しようとする漢と匈奴との抗争の狭間を生きた。しかし5世紀後半,柔然西進によりパミール西方へ去った。先住のサカの文化を土台とし,フェルガナや南シベリアの文化の影響も受けたらしい。トルコ系説もあるが,今後のロシア,中国の考古学的調査の成果にまつところが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うそん【烏孫】

古代、天山山脈北方にいた遊牧民族。前漢の武帝は匈奴きようど挟撃のため張騫ちようけんを派遣してこれと結んだ。五世紀後半、柔然じゆうぜんの攻撃をうけてパミール西方に移り衰えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏孫
うそん

中国の漢代から南北朝期にかけての正史に現れ、天山山脈北方のイリ川、イシク・クリ湖方面を拠点にした遊牧民族。トルコ系民族と推定され、初めサカ文化を受け継ぎ、南シベリアの文化影響も受けた。のち月氏(げっし)、ついで匈奴(きょうど)の文化を受容した。初めは匈奴に属したが、紀元前2世紀には漢とも連携し、漢の西域経営を助けた。漢が烏孫に張騫(ちょうけん)、細君(さいくん)を派遣したことはよく知られている。のち鮮卑(せんぴ)に、5世紀初頭には柔然(じゅうぜん)に圧迫され、パミールに移り、史上から姿を消した。[片桐 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

烏孫の関連キーワードアレクサンドル ベルンシュタム武帝(中国、前漢)細君(中国、前漢)イリ[川]北アジア史騎馬民族冒頓単于和蕃公主郅支単于汗血馬檀石槐李広利片桐伊犂翕侯細君

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android