康居(読み)こうきょ(英語表記)Kang-ju; K`ang-chü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康居
こうきょ
Kang-ju; K`ang-chü

中央アジアの古代の遊牧民族あるいはその国家。『漢書』によれば,本拠は卑 闐城と記され,その王は冬は楽越匿,夏は蕃内にいたとあり,一定の地域内を遊牧していたことがうかがわれる。チュルク系の部族で,シルダリア中流域にいたと考えられる。なお卑 闐城をタシケントとする説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

康居【こうきょ】

中国の漢・魏時代の史書にみえる中央アジアの国。張騫(ちょうけん)の報告で中国に知られ,シル・ダリヤ川の下流域のトルコ系遊牧民が中心。東は烏孫(うそん),西は奄蔡(えんさい),南と南東は大月氏(月氏)と接し,東西貿易路に当たっていた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうきょ【康居】

中国、漢・魏時代の史書にみえるシルダリア下流域のトルコ系遊牧民。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

康居
こうきょ

中央アジアの一民族で、漢、魏(ぎ)、晋(しん)代の中国史書にみられる。シルダリヤ中流域を本拠地とし、最盛期(前漢代)にはソグド地方をも従属下に置いた。シルク・ロードのいわゆる草原ルートの中央に位置し、東は烏孫(うそん)を通じて匈奴(きょうど)、漢に至り、西はアラル海方面の奄蔡(えんさい)を通じて黒海北岸に達し、南は大月氏(だいげっし)と接していた。史書によれば、康居は夏冬の2期に住地を変える遊牧民であったが、同時に城郭をももっていた。近年、カラ・タウ山脈南麓(なんろく)からタシケントにかけてのシルダリヤ中流域で、多数の集落址(し)、都城址、墓地が発掘されているが、そのうち紀元前3世紀~後4世紀に属するものが、しばしば康居と結び付けられて考えられている。[林 俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうきょ カウキョ【康居】

中国、漢・魏時代の西域の国の名。中央アジアのキルギス平原を中心にした、トルコ系遊牧民の国。〔史記‐大宛伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android