杏雨書屋蔵宇田川榕菴化学関係資料(読み)きょううしょおくぞううだがわようあんかがくかんけいしりょう

事典 日本の地域遺産の解説

杏雨書屋蔵宇田川榕菴化学関係資料

(大阪府大阪市淀川区十三本町2-17-85 杏雨書屋)
化学遺産」指定の地域遺産(第1回(2010年))〔第001号〕。
宇田川榕菴(1798-1846)は「舎密開宗」の中で化学という学問をはじめて日本に体系的に紹介した人物。「舎密開宗」を書く際に集めた蘭書覚書、稿本類などが杏雨書屋に所蔵されている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android