杏雨書屋蔵宇田川榕菴化学関係資料(読み)きょううしょおくぞううだがわようあんかがくかんけいしりょう

事典 日本の地域遺産の解説

杏雨書屋蔵宇田川榕菴化学関係資料

(大阪府大阪市淀川区十三本町2-17-85 杏雨書屋)
化学遺産」指定の地域遺産(第1回(2010年))〔第001号〕。
宇田川榕菴(1798-1846)は「舎密開宗」の中で化学という学問をはじめて日本に体系的に紹介した人物。「舎密開宗」を書く際に集めた蘭書覚書、稿本類などが杏雨書屋に所蔵されている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android