杖頭銭(読み)ジョウトウセン

デジタル大辞泉の解説

じょうとう‐せん〔ヂヤウトウ‐〕【×杖頭銭】

《晋の阮修(げんしゅう)がいつも杖(つえ)の頭に百文の銭をかけ、酒屋に寄って飲んだという「晋書」阮修伝の故事から》酒代の百文。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうとう‐せん ヂャウトウ‥【杖頭銭】

〘名〙 (晉の阮修が常に銭百文を杖の先にかけ、酒店に行って飲んだという「晉書‐阮修伝」の「嘗歩行、以百銭杖頭、至酒店、便独酣暢、雖当世富貴、而不肯顧、家無担石晏如也」の故事から) 酒代百文の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android