来さ(読み)クサ

デジタル大辞泉の解説

《「さ」は時の意の接尾語。「行くさ来さ」の形で用いられる》こちらへ来る時。こちらへ帰る時。来るさ。
「青海原風波なびき行くさ―障(つつ)むことなく船は早けむ」〈・四五一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「さ」は接尾語) 来る時。
※万葉(8C後)三・二八一「白菅の真野の榛原(はりはら)(ゆ)くさ来左(くサ)君こそ見らめ真野の榛原」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来さの関連情報