コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榛原 はいばら

4件 の用語解説(榛原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

榛原
はいばら

静岡県南部,牧之原市北部の旧町域。駿河湾に臨む。 1955年川崎町と勝間田村,坂部村の2村が合体して榛原町が発足。 2005年相良町と合体して牧之原市となった。茶の産地として名高い牧之原台地の東端部を占め,勝間田川の下流域に沖積地が開ける。中心集落の静波,細江は江戸時代に勝間田川の河港として栄え,掛川藩の御城米の積出港だった。台地周辺ではチャ (茶) の栽培が行なわれ,製茶業も盛ん。海岸の砂地ではダイコン,レタスなどを産する。静波海岸は砂浜と遠浅で知られる海水浴場。一部は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

榛原
はいばら

奈良県北東部,宇陀市西部の旧町域。宇陀川上流域にある。 1893年町制。 1954年伊那佐村,1955年内牧村をそれぞれ編入。 2006年大宇陀町,菟田野町,室生村と合体して宇陀市となる。中心集落の萩原は,かつては「はいばら」ともいい,伊勢街道の宿場町として発展。野菜の抑制栽培,ダリア球根など花卉栽培も行なわれる。山地では良質のスギ,ヒノキを産する。北部の額井岳山麓に山部赤人の墓がある。萩原の宗祐寺は国指定重要文化財の絵画,彫刻を有し,松尾芭蕉の句碑がある。一部は室生赤目青山国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はいばら【榛原】

奈良県北東部、宇陀うだ市の地名。初瀬街道(伊勢街道)の宿場町として発達。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

榛原の関連情報