コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来り ケリ

デジタル大辞泉の解説

け・り【来り】

[動ラ変]《動詞「く(来)」の連用形に「あり」の付いた「きあり」の音変化》来ている。
「玉梓(たまづさ)の使の―・れば嬉しみと」〈・三九五七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けり【来り】

( 動ラ変 )
〔カ変動詞「く(来)」の連用形「き」に「あり」の付いた「きあり」の転〕
来ている。 「玉梓たまずさの使ひの-・れば嬉しみと/万葉集 3957

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

来りの関連キーワード根付時計先を払う高股立ち冥冥の裡ぶめく連用形寝転す鉄砲笊造り滝装束く崩墜面謁推知啖ず玉梓診視浩蕩油団目睫揮霍

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android