コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にし にし

大辞林 第三版の解説

にし

( 連語 )
〔完了の助動詞「ぬ」の連用形「に」に過去の助動詞「き」の連体形「し」の付いたもの〕

にし

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に副助詞「し」の付いたもの〕
断定の意をさらに強めて表す。 「八千矛やちほこの神の命萎え草の女-あれば/古事記

にし

( 連語 )
〔格助詞「に」に副助詞「し」の付いたもの〕
格助詞「に」で示されるものを強調して表す。 「名-負はばいざこと問はむ都鳥/伊勢 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

にしの関連キーワード志学/而立/不惑/知命/耳順/従心乾瓢巻き/干瓢巻きエスカベーシュ一笑に付すにしても西三条北西一条南西三条南西五条南西一条北棟割長屋西五条北西新町格助詞副助詞西山町連用形西本町大通西連体形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にしの関連情報