にし

大辞林 第三版の解説

にし

( 連語 )
〔完了の助動詞「ぬ」の連用形「に」に過去の助動詞「き」の連体形「し」の付いたもの〕

にし

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に副助詞「し」の付いたもの〕
断定の意をさらに強めて表す。 「八千矛やちほこの神の命萎え草の女-あれば/古事記

にし

( 連語 )
〔格助詞「に」に副助詞「し」の付いたもの〕
格助詞「に」で示されるものを強調して表す。 「名-負はばいざこと問はむ都鳥/伊勢 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にしの関連情報