東サハリン海流(読み)ひがしサハリンかいりゅう(英語表記)East Sakhalin Current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東サハリン海流
ひがしサハリンかいりゅう
East Sakhalin Current

サハリン東岸を南下するオホーツク海反時計回り環流一部分。近年の観測によれば連続した南向き流れだけでなく北向きの流れもあることがわかったので,この海域一帯の低温,低塩分の水塊を東サハリン海流と呼ぶという考えもある。水温は,100m層では年間を通じて 1.0℃以下で,冬期には-1.5℃以下となるが表面水温は夏に 17℃ぐらいまで上がる。表面塩分は 32.0~32.5‰程度。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android