環流(読み)かんりゅう

精選版 日本国語大辞典「環流」の解説

かん‐りゅう クヮンリウ【環流】

〘名〙
① (━する) 水もしくは空気の流れなどが、めぐり流れること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「如此き地形なれども、河流は処々に流して、運漕用水には乏しからず」 〔説苑雑言
一連海流からなる、海洋大循環系をいう。亜寒帯環流、亜熱帯環流、極流など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「環流」の解説

かん‐りゅう〔クワンリウ〕【環流】

[名](スル)
めぐり流れること。また、その流れ。「血液が体内を環流する」
大気や海水の地球規模の大きな流れ。
一度流れ込んだものが、再び元に返っていくこと。「投下された外国資本が形を変えて故国環流する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「環流」の解説

【環流】かんりゆう(くわんりう)

うずまき流れる。〔説苑、雑言〕孔子、呂梁をる。懸水四十仞、九十里。(ぎょべつ)もぐること能はず、(げんだ)も敢て居らず。

字通「環」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android