コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山峠 ひがしやまとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山峠
ひがしやまとうげ

徳島県北西部の東みよし町香川県南西部のまんのう町を結ぶ峠。塩入峠ともいう。標高 642m。猪鼻峠の東にある。第2次世界大戦前まで農繁期のずれを利用して,阿波のウシが借耕牛 (かりこうし) として峠を越え,帰りは米を積んで帰った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android