コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井道珍 まつい どうちん

2件 の用語解説(松井道珍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井道珍 まつい-どうちん

?-? 織豊-江戸時代前期の墨工。
はじめ大和(奈良県)の十市(とおち)城主中原遠忠につかえた。天正(てんしょう)のころ奈良に移住して製墨をはじめ,慶長8年(1603)良墨を朝廷に献上して土佐掾(とさのじょう)をうける。子の道寿から代々古梅園を号し,現在にいたる。通称は又三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松井道珍

没年:天正18.11.28(1590.12.24)
生年:享禄1(1528)
室町末期の墨工。奈良の製墨業「古梅園」の初代。延喜図書寮造墨式・李家製墨法・空海二諦坊油煙墨遺法などを研究して,良質の油煙墨を作り,慶長8(1603)年,朝廷に献上して土佐掾の官位を賜った。子の道慶が自邸の梅の古木にちなんで古梅園と号した。

(河合仁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone