コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市 とおち

2件 の用語解説(十市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十市
とおち

高知県中部,土佐湾岸の砂浜上に位置する南国市の地区。旧村名。 1956年近隣5村と合体して香長村となり,59年さらに合体して南国市となる。昭和初期からナスの加温施設による促成栽培が発達,現在も野菜の施設園芸行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十市
とおいち

奈良県北西部、橿原(かしはら)市の寺川北岸の農業地区。国道24号が通じる。十市は旧郡名で、寺川中流の東岸地域を占めていたが、1897年(明治30)十市、式上(しきじょう)、式下(しきげ)の3郡が合併して磯城(しき)郡となった。古代には十市県主(とおちあがたぬし)の居所が、中世には豪族十市(とおち)氏の居城があったと考えられている。『拾遺(しゅうい)集』『新古今集』などには「十市(とおち)の里」として詠まれている。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十市の関連キーワード安芸浦戸湾須崎土佐高知港須崎港高知[市]赤岡〈町〉高知県須崎市吉川〈村〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十市の関連情報