コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市 とおち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十市
とおち

高知県中部,土佐湾岸の砂浜上に位置する南国市の地区。旧村名。 1956年近隣5村と合体して香長村となり,59年さらに合体して南国市となる。昭和初期からナスの加温施設による促成栽培が発達,現在も野菜の施設園芸が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十市
とおいち

奈良県北西部、橿原(かしはら)市の寺川北岸の農業地区。国道24号が通じる。十市は旧郡名で、寺川中流の東岸地域を占めていたが、1897年(明治30)十市、式上(しきじょう)、式下(しきげ)の3郡が合併して磯城(しき)郡となった。古代には十市県主(とおちあがたぬし)の居所が、中世には豪族十市(とおち)氏の居城があったと考えられている。『拾遺(しゅうい)集』『新古今集』などには「十市(とおち)の里」として詠まれている。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十市の関連キーワード高知県四万十市中村四万十町高知県四万十市中村羽生小路高知県四万十市西土佐下家地高知県四万十市中村上小姓町高知県四万十市西土佐奥屋内高知県四万十市中村小姓町高知県四万十市中村天神橋高知県四万十市中村百笑町高知県四万十市中村於東町高知県四万十市中村大橋通高知県四万十市中村一条通高知県四万十市中村岩崎町高知県四万十市中村東下町高知県四万十市中村丸の内高知県四万十市西土佐玖木高知県四万十市右山五月町高知県四万十市右山天神町高知県四万十市西土佐茅生高知県四万十市西土佐大宮高知県四万十市中村弥生町

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十市の関連情報