コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松会三四郎 まつえ さんしろう

3件 の用語解説(松会三四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松会三四郎 まつえ-さんしろう

?-? 江戸時代前期-中期の出版業者。
江戸で開業し,元禄(げんろく)(1688-1704)のころ幕府御用書物屋となる。仮名草子,絵本,儒書などを刊行した。号は松会堂(しょうかいどう)。

松会三四郎 しょうかい-さんしろう

まつえ-さんしろう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松会三四郎

江戸出版業の初期(17世紀半ば)から享保年間(1716~36)まで約200点を刊行した江戸の有力書肆。「松会」の読みは「まつえ」とも。初め市郎兵衛と称し,延宝(1673~81)以降は三四郎と称した。号は松会堂。元禄以後の『武鑑』に御書物師として記される如く,幕府御用を務めた。刊行書は『武鑑』と仏書,儒書,往来物,仮名草子などだが,仮名書きと挿画を多く用いた点に特色があり,その絵入本は今日珍重されている。ことに延宝ごろには菱川師宣を起用し,のちにその絵本類も刊行した。<参考文献>弥吉光長「松会本の探及」(『ビブリア』75,76号)

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松会三四郎の関連キーワードカラハン朝ネクタイバンジョージャボ西廻り航路ベンチャロンカレル広場コモ大聖堂トレンチーン城亀井忠一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone