儒書(読み)じゅしょ

精選版 日本国語大辞典「儒書」の解説

じゅ‐しょ【儒書】

〘名〙 儒学に関する書籍。儒教の書物。経書(けいしょ)
※扶桑集(995‐999頃)七・橘才子重見寄〈略〉褒嘆之間五綴本韵〈源英明〉「兵略素無猶拙武、儒書曾学適飛文」 〔春秋左伝‐哀公二一年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android