松坂義正(読み)まつざか よしまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松坂義正 まつざか-よしまさ

1888-1979 明治-昭和時代の医師。
明治21年7月12日生まれ。昭和20年広島市の自宅被爆。25年広島県医師会会長となり,広島市原爆障害者治療対策協議会副会長,のち厚生省原爆医療審議会委員をつとめ被爆医療と患者救済につくした。昭和54年11月13日死去。91歳。宮城県出身。日本医学校(現日本医大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android