コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被爆 ヒバク

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ばく【被爆】

[名](スル)
爆撃を受けること。「空襲で被爆する」
原水爆による攻撃を受けること。また、その放射能の害をこうむること。「核実験で被爆する」「被爆者」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被爆

一般的に空襲や爆撃を受けることを意味するが、特に原水爆被害を指す言葉として定着し、日本は唯一の被爆国と呼ばれる。太平洋戦争末期の1945年8月6日、米軍は広島市に世界初のウラン原子爆弾を投下。同年末までに14万人が死亡したとされる。米軍はさらに同月9日、長崎市にプルトニウム原爆を落とした。約1万3千戸が全壊・全焼し、同年末までの死者は7万4千人と推定されている。

(2013-08-16 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひばく【被爆】

( 名 ) スル
爆撃をうけること。
特に、原水爆、また、その放射能の被害をうけること。 「 -者しや」 〔同音語の「被曝」は放射線や化学物質にさらされることをいうが、それに対して「被爆」は爆撃、特に原水爆の爆撃を受けることをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

被爆の関連キーワード原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律広島、長崎に落とされた原子爆弾日本原水爆被害者団体協議会在外被爆者の医療費支給訴訟遠距離被爆者と入市被爆者山口彊さんの二重被爆山口彊(つとむ)さん被爆者と被爆体験者県内と奄美の被爆者長崎県長崎市城山町県内の被爆者団体原爆被爆者援護法被爆者健康手帳被爆体験伝承者長崎の証言の会佐々木 禎子被爆者援護法空白の10年台湾の被爆者在米の被爆者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被爆の関連情報