救護(読み)きゅうご

精選版 日本国語大辞典「救護」の解説

きゅう‐ご キウ‥【救護】

〘名〙 困っている人や悩んでいる人などを、助け、保護すること。現代では、被災者、傷病者などを収容し、看護、治療することをいう。
※三国伝記(1407‐46頃か)九「毘盧遮那如来、大悲胎蔵の曼陀羅王を説き、一切衆生を救護す」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「同地の人民は頻に斉武に訴て其の救護を仰ぐに至れり」 〔春秋左伝注‐昭公一八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「救護」の解説

きゅう‐ご〔キウ‐〕【救護】

[名](スル)困っている人を救い守ること。特に、被災者・傷病者などを保護し、看護・治療すること。「負傷者を救護する」「救護班」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android