コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡小鶴 まつおか こつる

2件 の用語解説(松岡小鶴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡小鶴 まつおか-こつる

1806-1873 江戸後期-明治時代の女性。
文化3年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)の儒医松岡左仲の娘。天保(てんぽう)2年婿をむかえたが,父に離別させられる。父の医業をつぎ,また漢学の塾をひらき,子の操をそだてた。孫に柳田国男,松岡映丘ら。明治6年10月15日死去。68歳。通称は小けん。法号は自謙。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡小鶴

没年:明治6.10.15(1873)
生年:文化3(1806)
幕末の播磨国神東郡田原村(兵庫県神崎郡福崎町)の儒医松岡左仲の娘。通称小けん。剃髪後の号は自謙。幼いころより,漢詩漢文を読破し詩をつくる。婿を迎えたが父と折り合いが悪いため離婚。書物で医を学び女医として開業。のち塾を開き一家を養う。一子操の教育は厳しく,遊学中の書簡はすべて漢文であった。孫に国文学者井上通泰,民俗学者柳田国男,日本画家松岡映丘がいる。<参考文献>松岡鼎編『松岡小鶴女子遺稿』(私家版)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡小鶴の関連キーワード酒井忠顕播磨播磨潟播磨風土記近畿医療福祉大学吉備比古黒田別小寺嘉兵衛本多嘉兵衛寫楽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松岡小鶴の関連情報