コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡小鶴 まつおか こつる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡小鶴 まつおか-こつる

1806-1873 江戸後期-明治時代の女性。
文化3年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)の儒医松岡左仲の娘。天保(てんぽう)2年婿をむかえたが,父に離別させられる。父の医業をつぎ,また漢学の塾をひらき,子の操をそだてた。孫に柳田国男,松岡映丘ら。明治6年10月15日死去。68歳。通称は小けん。法号は自謙。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡小鶴

没年:明治6.10.15(1873)
生年:文化3(1806)
幕末の播磨国神東郡田原村(兵庫県神崎郡福崎町)の儒医松岡左仲の娘。通称小けん。剃髪後の号は自謙。幼いころより,漢詩漢文を読破し詩をつくる。婿を迎えたが父と折り合いが悪いため離婚。書物で医を学び女医として開業。のち塾を開き一家を養う。一子操の教育は厳しく,遊学中の書簡はすべて漢文であった。孫に国文学者井上通泰,民俗学者柳田国男,日本画家松岡映丘がいる。<参考文献>松岡鼎編『松岡小鶴女子遺稿』(私家版)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松岡小鶴の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松岡小鶴の関連情報