コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平茂昭 まつだいら もちあき

美術人名辞典の解説

松平茂昭

福井藩主。初名は直廉、号は巽嶽・春斎。慶永の嗣子。日向・越後糸魚川を領した後、福井三二万石を領す。兵学に通じ、兵制の改革に努めた。また晩年公益事業に寄金した。明治23年(1890)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平茂昭 まつだいら-もちあき

1836-1890 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)7年8月7日生まれ。松平直春(なおはる)の長男。安政4年越後(えちご)(新潟県)糸魚川(いといがわ)藩主松平家7代。翌年幕府により隠居させられた松平慶永(よしなが)の跡をつぎ,越前(えちぜん)福井藩主松平家17代となる。明治17年伯爵,21年侯爵。明治23年7月25日死去。55歳。初名は直廉(なおきよ)。号は巽岳(そんがく)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平茂昭

没年:明治23.7.25(1890)
生年:天保7.8.7(1836.9.17)
幕末維新期の福井藩主。号は巽岳。糸魚川藩(新潟県)藩主松平直春の長男。安政5(1858)年,将軍継嗣運動が災いして隠居・謹慎の身となった松平慶永(春岳)のあとを受け,幕命により襲封。藩内には一時,茂昭のリーダーシップ確立を図る動きもあったが,幕府と距離をおいた政治路線で慶永が終始藩論を主導し続け,茂昭はついにその行動に自分の色を出すことはなかった。第1次長州征討に際しては,副総督として小倉に出陣。明治2(1869)年,福井藩知事となった。<参考文献>『松平春岳公巽岳公履歴略』『松平春岳未公刊書簡集』

(高木不二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

松平茂昭の関連キーワード松平 康荘長州征伐松平康荘藤島神社松平直廉青山貞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android