コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺朔郎 たなべ さくお

5件 の用語解説(田辺朔郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田辺朔郎

土木工学者。田辺孫次郎の長男。江戸生。工部大学校(東大)卒。琵琶湖疏水工事を担当、わが国最初の水力発電事業を起し、第二疏水・水道・道路及び電鉄の三代事業にあずかり、また関門海底トンネルの踏測にも従事。東大教授・東大工科大学長等を歴任。工学博士。著書に『琵琶湖疏水工事図譜』『明治工業史』等がある。昭和19年(1944)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺朔郎 たなべ-さくお

1861-1944 明治-昭和時代前期の土木工学者。
文久元年11月1日生まれ。京都府御用掛となり,琵琶湖(びわこ)疏水(そすい)の設計と工事を担当。工事途中で蹴上(けあげ)に日本初の水力発電所を併設,明治23年完成。帝国大学教授をへて京都帝大教授。京都市の3大事業(琵琶湖第2疏水,水道,市電設置)に参画。昭和19年9月5日死去。84歳。江戸出身。工部大学校(現東大)卒。編著に「明治工業史」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たなべさくお【田辺朔郎】

1861~1944) 土木技術者。東京生まれ。琵琶湖疎水計画を立案し、その工事を指導、日本最初の水力発電事業を興した。帝国大学工科大学学長。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田辺朔郎
たなべさくろう

[生]万延2(1861).1. 江戸
[没]1944.9.5. 京都
土木工学者。京都と琵琶湖を結ぶ疎水の工事設計および監督の総責任者。 1883年工部大学校の卒業論文に疎水の設計を行い,卒業後この仕事に従事し,90年に総延長 20km余に及ぶ工事を完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田辺朔郎
たなべさくろう
(1861―1944)

土木工学者。江戸に生まれる。父孫次郎(1821―1862)は高島秋帆(しゅうはん)(1798―1866)門下の洋式砲術家。1883年(明治16)工部大学校(現在の東京大学工学部)卒業、卒業論文の琵琶湖疎水(びわこそすい)計画は京都府知事北垣国道(1836―1916)に高く評価され、京都府に勤め、同事業を担当。1885年に起工し、1890年に完成した。これは水運、利水に加え、日本初期の水力発電所を蹴上(けあげ)に設けた総合開発事業であった。東京帝国大学工科大学教授(1890~1900)、京都帝国大学教授(1900~1918)、工科大学長(1916~1918)を務めた。この間、北海道の鉄道建設、シベリア鉄道建設視察、京都市の三大事業である琵琶湖第二疎水、水道、市電建設に貢献。1911年(明治44)以降、関門海底トンネル計画のルート選定などその推進に努めた。日本工学会編『明治工業史』全10巻(1931完結)、土木学会編『明治以前日本土木史』(1936)の編集委員長を務めた。[高橋 裕]
『西川正治郎著『田辺朔郎博士六十年史』(1924・非売品)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田辺朔郎の言及

【琵琶湖疎水(琵琶湖疏水)】より

…第1疎水の建設は,81年から北垣国道府知事が積極的に推進した第2期京都策と呼ばれる計画として進められた。京都府御用掛に任じられた工学士田辺朔郎(1861‐1944)の設計・指揮の下で,85年着工,90年に第1疎水第1期工事が竣工した。当初は大阪湾と琵琶湖間の通船が第1の目的であり,ほかに水車動力による機業,精米などの近代化や灌漑用水,防火用水など多様な目的を掲げていた。…

※「田辺朔郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田辺朔郎の関連キーワード鴻雪年恩田重信須藤義衛門鳥居清種(2代)中村寛澄西田敬止西健林仙之松平直之(3)真野文二

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田辺朔郎の関連情報