コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平近訓 まつだいら ちかくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平近訓 まつだいら-ちかくに

1799-1852 江戸時代後期の大名。
寛政11年3月6日生まれ。松平近儔(ちかとも)の子。叔父近義(ちかよし)が急死したため,文化4年9歳で豊後(ぶんご)(大分県)府内藩主松平(大給(おぎゅう))家8代となる。父近儔が後見した。嘉永(かえい)5年3月20日死去。54歳。通称は五左衛門。号は閑山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平近訓の関連キーワード科学史ブラウン序曲ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎常磐津文字太夫(2代)西宮新六奈破崙飯田忠彦

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone