コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本そめ まつもと そめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本そめ まつもと-そめ

1798-1873 江戸時代後期の女性。
寛政10年生まれ。仏師松本良山の妻。仏具商松本三五郎の娘。下総(しもうさ)船橋(千葉県)にすみ,良山を婿とした。嘉永(かえい)6年狩野一信(かのう-かずのぶ)にたのまれ成田山新勝寺釈迦堂羽目の五百羅漢彫りに着手した夫を8年間にわたりたすけた。明治6年2月12日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本そめの関連キーワードフェリスヘルウェティア共和国サッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造ゴルチャコフ目黒道琢オファイトアラブ文学

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android