コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本隆太郎 まつもとりゅうたろう

2件 の用語解説(松本隆太郎の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

松本隆太郎

男子レスリング(グレコローマンスタイル60キロ級)選手。1986年1月16日、群馬県生まれ。身長168センチ。弟はフリースタイル84キロ級の全日本王者・松本篤史。群馬県立館林高等学校を経て日本体育大学に進み、2005年に全日本学生選手権、全日本大学選手権で2冠を達成。07年には全日本学生選手権と国体で優勝し、アジア選手権で5位入賞を果たす。08年より群馬ヤクルト販売に所属し、09年から11年まで全日本選抜選手権3連覇、10年には世界選手権で銀メダルを獲得。12年のロンドン五輪では準決勝で敗れたものの3位決定戦を制し、五輪初出場にして銅メダルを獲得した。

(2012-08-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本隆太郎 まつもと-りゅうたろう

1986- 平成時代のレスリング選手。
昭和61年1月16日生まれ。種目はグレコローマン60kg級。平成19年全日本学生選手権,国体で優勝。22年世界選手権で銀メダル,アジア大会で銅メダルを獲得。24年五輪アジア予選で2位となり出場権を得,同年のロンドン五輪で銅メダルを獲得。26年全日本選抜選手権グレコローマン66kg級で優勝。群馬ヤクルト販売所属。弟に松本篤史(フリースタイル84kg級。23年,25年全日本選手権優勝者)。群馬県出身。日本体育大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松本隆太郎の関連キーワードグレコローマンスタイルフリースタイル国際レスリング連盟グレコローマン時代FILAスタンドレスリンググレコローマンレスリングクロスボディロックジャンブ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本隆太郎の関連情報