コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国体 こくたいNational Sports Festival

知恵蔵の解説

国体

国民体育大会」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国体

1946年に始まった、47都道府県回り持ちで毎年冬・秋に開催される国民体育大会。メーンとなる秋の大会は今年、山口県であり、38競技(公開競技の高校野球を含む)で都道府県別に争う。入賞者を出したチームに得点が入り、その合計で順位を争い、男女総合の優勝チームに天皇杯が贈られる。1964年の新潟から昨年の千葉まで、47回中46回は秋の開催地の都道府県が優勝している。

(2011-06-22 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐たい【国体】

国家の状態。くにがら。
国のあり方。国家の根本体制。「国体を護持する」
主権の所在によって区別される国家の形態。君主制共和制など。
国民体育大会」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国体【こくたい】

(1)憲法学,国家学などでは,国の主権のあり方(君主制共和制)をさし,主権の運用の仕方としての政体(専制政治,立憲政治)と区別される。(2)明治憲法下の日本では一般に〈国がら〉という漠然とした内容で,もっぱら万世一系の天皇が統治する尊い国という意で用いられた。
→関連項目王政復古(日本)国民精神作興詔書天皇制

国体【こくたい】

国民体育大会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こくたい【国体】

国家の状態。くにがら。
国の体面。国の体裁。 「 -ヲケガス/ヘボン 三版
主権の所在によって区別される国家形態。共和制・君主制など。
天皇を倫理的・精神的・政治的中心とする国の在り方。第二次大戦前の日本で盛んに用いられた語。
「国民体育大会」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国体
こくたい

一般的には国柄や国風を意味し,この用例は漢籍や古代日本にもみられる。しかし中国や西洋に対して日本の優越を示す根拠として,国生み神話に基づく天皇の神聖性とその君臨の持続性を内容とする意味で用いられるのは,19世紀以降水戸学に始る。維新以後も,一般の論説のほか,教育勅語や新聞紙条例治安維持法などの法令にも国家体制の正当性を示す言葉として登場するが,意味内容は明確ではない。またその使用には論争性が当初から伴われ,福沢諭吉や加藤弘之ら明治初期の啓蒙思想家からの批判や,明治末期から大正期の穂積八束の憲法解釈に対する美濃部達吉の批判が代表的なものである。昭和期には左翼勢力や美濃部の天皇機関説に代表されるリベラルへの弾圧の根拠としてその神話的解釈が一層強調され,その傾向は国体明徴文部省の『国体の本義』に頂点をみる。敗戦および新憲法制定を通じて,統治の正当性根拠としての役割は終焉した。

国体
こくたい

国民体育大会」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の国体の言及

【国民体育大会】より

…第2次世界大戦後に始まった国民スポーツ振興を目的とする国内総合競技大会。略称は〈国体〉。第1回大会は大日本体育協会(日本体育協会の前身)が敗戦で荒廃した国民生活に活力を与え,日本のスポーツ界を再建するために企画,主催し,夏季,秋季両大会が1946年に京阪神地区で,冬季大会スケート競技会が47年に青森県八戸市で開催された。…

【国体思想】より

…天皇統治の正当性または日本国の優秀性を唱える思想をいう。〈国体〉の語は,政治学・法律学上その概念を使用する場合には主権の帰属いかんによって国家を区別する場合に用いられ,通常,君主国体と共和国体に区別される。しかし日本では特殊に,万世一系の天皇によって統治される優秀な国柄を表す概念として用いられ,(1)永久不滅の天皇主権を指す場合,(2)君臣の特別の情誼関係を指す場合,(3)国風文化全般を指す場合等,きわめて多義的な内容の概念として使用された。…

【国民主権】より


[日本国憲法と国民主権]
 日本国憲法は,前文第1段と第1条で国民主権をとり入れた。その制定時には,明治憲法の天皇主権から日本国憲法の国民主権への転換に伴って,〈国体〉(国家の根本的特色)が変わったかどうか激しく論争された。尾高・宮沢論争は,その代表的なものである。…

【尊王論】より

… 幕末における内外の危機に対応して登場する水戸学は,攘夷を創唱すると同時に尊王と結びつけ,その後の過程で重要な役割を演ずる尊王攘夷の観念を打ち出した。ここでは,儒教の名分論を基礎としつつ国学の理論をもとり入れ,一系の天皇が存続し忠の道徳が妥当してきた日本の国家体制(国体)の優秀性を強調しながら,尊王が以前にないほど強く説かれる。しかし,天皇―将軍―大名―藩士という各級の者が直接の上位者に忠誠をささげることが不動の前提となっているため,尊王はこの階層秩序を維持しようとするものにほかならない。…

※「国体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国体の関連キーワード国体(国家形態)わかこちゃんらんばちゃん国体明徴問題フロンティア国体施設整備ぐんまちゃん里見 岸雄わかとり君ケヤッキーシャッチーがんばくん神宮奉斎会千葉若潮牛きいちゃんオリーブ君ももっちかなべえ皇国史観スギッチ

国体の関連情報