松本 七郎(読み)マツモト シチロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

松本 七郎
マツモト シチロウ


肩書
元・衆院議員(社会党)

生年月日
明治44年11月15日

出生地
福岡県北九州市

学歴
慶応義塾大学政治学科〔昭和12年〕卒

経歴
貴族院議員・松本健次郎の七男。慶応義塾大学法学部助手、高等部講師、黒崎窯業社員、時事新報記者を経て、昭和21年戦後初の総選挙で福岡2区から初当選。以後当選11回。日本社会党には結成当時から参加し、教宣局長、国際局長などを歴任。この間、’60年安保改定では岸首相と激しく論戦、「安保男」と呼ばれた。54年落選。

受賞
勲一等瑞宝章〔昭和57年〕

趣味
スポーツ 読書

没年月日
平成2年5月15日

家族
父=松本 健次郎(明治鉱業社長・九州工大創立者) 祖父=安川 敬一郎(明治鉱業創立者) 兄=松本 馨(早稲田大学教授)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android