松村淑子(読み)まつむら よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村淑子 まつむら-よしこ

1919- 昭和後期-平成時代の女官。
大正8年10月28日生まれ。島津忠弘(ただひろ)の次女。久邇俔子(くに-ちかこ)の姪(めい)。経済企画庁事務次官をつとめた夫松村敬一の死後,昭和44年から東宮女官長。平成元年女官長となり,美智子皇后の世話をする。2年退官。東京出身。女子学習院卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android