板井青霞(読み)いたい せいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「板井青霞」の解説

板井青霞 いたい-せいか

1736-1806 江戸時代中期-後期の儒者。
元文元年生まれ。肥後熊本藩士の続氏につかえる。古屋愛日斎(あいじつさい)にまなぶ。のち藩校の時習館でおしえた。文化3年3月25日死去。71歳。名は文献(あざな)は徴卿。通称は運右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android