古屋愛日斎(読み)ふるや あいじつさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「古屋愛日斎」の解説

古屋愛日斎 ふるや-あいじつさい

1731-1798 江戸時代中期-後期儒者
享保(きょうほう)16年生まれ。古屋昔陽。肥後熊本藩士。秋山玉山にまなび,藩校時習館の助教となる。のち侍講をつとめた。寛政10年1月22日死去。68歳。名は(かなえ)。(あざな)は公餗。通称は鼎助。著作に「論語説」「孝経説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android