コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋愛日斎 ふるや あいじつさい

1件 の用語解説(古屋愛日斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋愛日斎 ふるや-あいじつさい

1731-1798 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)16年生まれ。古屋昔陽の兄。肥後熊本藩士。秋山玉山にまなび,藩校時習館の助教となる。のち侍講をつとめた。寛政10年1月22日死去。68歳。名は鼎(かなえ)。字(あざな)は公餗。通称は鼎助。著作に「論語説」「孝経説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古屋愛日斎の関連キーワード菅尚卜維明其音岸貞江北見山奴木村奉尹釈氏定規盤察藤沢子山吉成宝馬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone