古屋愛日斎(読み)ふるや あいじつさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「古屋愛日斎」の解説

古屋愛日斎 ふるや-あいじつさい

1731-1798 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)16年生まれ。古屋昔陽。肥後熊本藩士。秋山玉山にまなび,藩校時習館の助教となる。のち侍講をつとめた。寛政10年1月22日死去。68歳。名は(かなえ)。(あざな)は公餗。通称は鼎助。著作に「論語説」「孝経説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android