板倉文忠(読み)いたくら ふみただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉文忠 いたくら-ふみただ

1940- 昭和後期-平成時代の電子工学者。
昭和15年8月6日生まれ。43年電電公社(のちのNTT)武蔵野電気通信研究所に入所。48年米国ベル研究所研究員。50年帰国して電電公社に復職,研究所室長をへて,59年名大教授。のち名城大教授。携帯電話の基盤となる音声圧縮技術のLSP(線スペクトル対方式)の開発で,平成17年朝日賞。愛知県出身。名大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android