コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果鱗 かりんseminiferous scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

果鱗
かりん
seminiferous scale

種鱗,実片ともいう。マツ科ナンヨウスギ科など球果植物の雌花穂を形成する鱗片。2枚の鱗片から成り,それらは合着しているか,一部分または全体が離れている。この上に胚珠を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

果鱗の関連キーワードヒバ(檜葉∥(■1))アスナロ(翌檜)ナンヨウスギコノテガシワサワラ(椹)ヒマラヤスギメタセコイアニオイヒバイトスギアスナロセコイアスギ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android