コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球果植物 きゅうかしょくぶつ Coniferophyta

3件 の用語解説(球果植物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうかしょくぶつ【球果植物 Coniferophyta】

マツ,スギ,ヒノキ,マキなど一般に球果をつくる植物群の総称で,ソテツ類グネツム(マオウ)類とともに裸子植物を三分する分類群。コルダイテス目,球果目,イチイ目を含み,広義にはイチョウ目を加えることもある。球果綱とすることもある。葉は単葉,1本の葉脈をもった針状,線形または鱗片状,あるいは平行脈をもった笹葉状である。材は仮道管が多い多木質で緻密。種子は左右相称形。胚珠は包鱗に腋生(えきせい)する種鱗上に生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

球果植物
きゅうかしょくぶつ

針葉樹」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

球果植物
きゅうかしょくぶつ

一般的に、針葉樹とよばれる植物をさし、葉に特徴のあるものが多く、松柏(しょうはく)植物ともいう。広義にはイチイ科も含むが、狭義にはイチイ科、マキ科、イヌガヤ科のいわゆる球果が液果状になる3科を除く針葉樹をいう。低木または高木で、セコイアスギSequoia sempervirensのように100メートルの巨木となるものもある。材は二次木部がよく発達し、仮道管と仮道管繊維が多く、柔組織が少ないので堅い材をつくる。葉は針状でときに鱗片(りんぺん)状になる。葉脈は普通1本で、葉の裏には気孔が密集して白くみえる条線をもつものが多い。葉へ入る維管束は、茎の維管束環(中心柱)にある一つの葉隙(ようげき)(茎から葉が分岐するときに茎の維管束環に残す欠所)から1本か2本の葉跡(茎から分かれて葉に入る維管束)となって出る。木部や葉には樹脂道(じゅしどう)があり、傷をつけると樹脂(やに)を分泌する。この樹脂の化石はこはくとして珍重される。葉の樹脂道の分布のようすは属を分類する特徴として重要である。花は雌雄異花、1本の軸を中心に多数の花をつけて球花をつくる。雄の球花は包鱗(ほうりん)の内側に2個から数個の葯(やく)をつける。花粉は2個の気嚢(きのう)(袋状や帯状の付属物)をもち、風媒花である。たとえばアカマツでは早春、黄色の花粉を風にのせて飛ばす。花粉は裸出する胚珠(はいしゅ)の花粉室に入り、9月ごろ花粉管を伸ばして受精する。花粉管内の精核は繊毛がなく運動性をもたない。雌の球花は包鱗のほかに胚珠をつける種鱗があり、ともに胚珠の保護器官となっている。珠皮は1枚のみである。受精後、種子が熟すと木化した包鱗が球果をつくる。包鱗が開いて種子が散ったものが「まつぼっくり」で、細工物などにも利用される。種子は扁平(へんぺい)で、多くは翼をもち風で散布される。子葉は2枚から数枚を生じるものまであるが、種類により、その数は一定している。
 球果植物は古生代末の石炭紀に地球上に出現し、中生代のジュラ紀にもっとも繁栄した植物で、5科450種ほどが現生している。ナンヨウスギ科以外はすべて日本に分布し、固有種も多い。マツ科はおもにアジアと北アメリカに分布し、モミAbies firmaやカラマツLarix kaempferiは日本の固有種で高山に生育する。スギ科は東アジアと北アメリカに分布し、有用材のスギCryptomeria japonicaは日本の固有種である。ヒノキ科は南半球と北半球に半数ずつ、ほぼ全世界に22属が分布する。日本にはヒノキ属、アスナロ属、クロベ属、ビャクシン属、ネズミサシ属が自生する。ヒノキChamaecyparis obtusaは日本固有の有用材である。コウヤマキ科は1属1種の日本特産種コウヤマキSciadopitys verticillataのみで福島県から宮崎県まで分布している。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の球果植物の言及

【植物】より

…古生代から中生代にかけて繁栄した群で,現生はイチョウ1種。球果植物門 茎がよく発達した木本で,真正中心柱をもち,材は硬木質。葉は針状のことが多く,胞子囊は軸に密集してつき,胞子囊穂をつくる。…

【針葉樹】より

広葉樹の対語で,針状の葉をもつ樹木という意味ではあるが,実際には裸子植物の針葉樹類(球果植物類)に属する樹木を総称する。したがって,イチョウやソテツは含まないが,葉の幅は広くてもナギは含まれる。…

※「球果植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

球果植物の関連キーワード針葉樹ヒノキチオール糸杉真木台湾檜真木の嬬手ひのきでつくった猫砂ひのきでニオイをとる砂檜山兄弟イトスギ(糸杉)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone