コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染み シミ

デジタル大辞泉の解説

しみ【染み】

液体などが部分的にしみついて汚れること。また、その汚れ。「インクの染み」「洋服の染みを抜く」
なかなか消えない過去のいやな記憶。また、消してしまいたいと思う不名誉な点。汚点。「心の染み」「経歴に染みがつく」
顔などに生じる、褐色の色素沈着。肝斑(かんぱん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

染みの関連キーワードcaffe macchiato案ずるに・按ずるにカフェマキアートカズンズ父子思い知らせる明野処分場アイス染料しっぱり物染料と顔料凍結含浸法怖気を震う汗ジュバンマキアート溶脱作用染め木綿蓬頭垢面三豊なす自性の月天井なめ思い知る

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

染みの関連情報