コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染(め)紋 ソメモン

世界大百科事典内の染(め)紋の言及

【紋付】より

…あらわし方も陽紋(ひなたもん)(表紋)の染めが正式で陰紋(裏紋)や縫紋は略式である。白黒であらわした染紋と銀糸の縫紋は慶弔両用に用いられるが,慶事や装飾的な場合には金,金銀ぼかし,派手な色目を用いる。紋をつける着物は女物は留袖,喪服,色無地,訪問着,無地羽織などで,男物には黒羽二重の着物と羽織の礼服や,紬,御召(おめし)などの無地につけて準礼装とする。…

※「染(め)紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

染(め)紋の関連キーワード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android