コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柔の形 ジュウノカタ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐の‐かた〔ジウ‐〕【柔の形】

柔道の基礎的な形。嘉納治五郎の考案。切る・打つ・突くの攻撃に対する防御の方法を柔の理によって緩やかな動作の形としたもの。昇段審査の際に評定される。防御の方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

柔の形の関連キーワード柔道の形

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柔の形の関連情報