コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柔の形 ジュウノカタ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐の‐かた〔ジウ‐〕【柔の形】

柔道の基礎的な形。嘉納治五郎の考案。切る・打つ・突くの攻撃に対する防御の方法を柔の理によって緩やかな動作の形としたもの。昇段審査の際に評定される。防御の方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

柔の形の関連キーワード柔道の形

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android