コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柚胡椒 ユズコショウ

2件 の用語解説(柚胡椒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆず‐こしょう〔‐コセウ〕【×××椒】

九州特産の調味料の一。唐辛子ユズの皮をすりつぶしてペースト状にし、塩を加えたもの。九州の一部の地域では、唐辛子を「胡椒」と呼ぶことからいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ゆずこしょう【柚胡椒/柚子胡椒】


こまかく刻んだゆずの皮ととうがらしをすりつぶし食塩を加えた食品。九州地方、特に大分県の特産品。水炊きなどの鍋物をはじめ、うどん焼き鳥、餃子などの薬味、汁物などの調味料として用いる。青とうがらしを用いた緑色のものが一般的であるが、熟したものを用いた黄色や赤色のものもある。◇「ゆずごしょう」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柚胡椒の関連キーワード七味唐辛子皮革ピーマンアマトウガラシチョリソー霰生姜島唐辛子うま辛島唐辛子味せん特辛とうがらしせんシシトウガラシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柚胡椒の関連情報