コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柚胡椒 ユズコショウ

デジタル大辞泉の解説

ゆず‐こしょう〔‐コセウ〕【×××椒】

九州特産の調味料の一。唐辛子ユズの皮をすりつぶしてペースト状にし、塩を加えたもの。九州の一部の地域では、唐辛子を「胡椒」と呼ぶことからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ゆずこしょう【柚胡椒/柚子胡椒】


こまかく刻んだゆずの皮ととうがらしをすりつぶし食塩を加えた食品九州地方、特に大分県の特産品。水炊きなどの鍋物をはじめ、うどん焼き鳥餃子などの薬味汁物などの調味料として用いる。青とうがらしを用いた緑色のものが一般的であるが、熟したものを用いた黄色や赤色のものもある。◇「ゆずごしょう」ともいう。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柚胡椒の関連情報