コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐辛子/唐芥子/蕃椒 トウガラシ

デジタル大辞泉の解説

とう‐がらし〔タウ‐〕【唐辛子/唐芥子/蕃椒】

ナス科の一年草。枝を多く出し、葉は長卵形。夏、葉の付け根に白色の5弁花をつける。実は細長く、初め緑色で秋に熟すと深紅色になる。ふつう果皮や種子の辛味が強く、香辛料や薬用にする。南アメリカの原産。日本には16世紀に伝来。南蛮船がもたらしたという。変種が多い。南蛮がらし。 秋 花=夏》「青くてもあるべきものを―/芭蕉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とんがらし【唐辛子】

「とうがらし(唐辛子)」の転。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

唐辛子 (トウガラシ)

学名:Capsicum annuum
植物。ナス科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

唐辛子/唐芥子/蕃椒の関連キーワードspaghetti arrabbiataいか焼きプレッツェルarrabbiataうま辛島唐辛子味せんチリビーフ MAX明星 すこびる辛麺鉄砲焼き・鉄砲焼暴君ハバネロの種ペペロンチーノ鬼びっくり一味レッドペッパーチリパウダーコチュジャン暴君ハバネロチョリソーチャンジャチリソース一味唐辛子辛子明太子味付け海苔

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android