柱梁(読み)チュウリョウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐りょう〔‐リヤウ〕【柱×梁】

柱とうつばり。
柱やうつばりのように物事のささえとして頼りになるもの。また、頼りになる人。大黒柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうりょう【柱梁】

はしらとはり。
転じて、柱ともはりとも頼まれること。また、その人。大黒柱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐りょう ‥リャウ【柱梁】

〘名〙
① 柱とうつばり。
※権記‐長保四年(1002)三月一九日「仍営造之間、重制過差、不土木之功力、可柱梁之高大」 〔淮南子‐主術訓〕
② 転じて、柱やうつばりのように物事をささえるもの。また、頼みになる人。大黒柱。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柱梁の関連情報