コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳楽子糸長 りゅうらくし いとなが

美術人名辞典の解説

柳楽子糸長

江戸後期の狂歌師。初号和鳳亭・青眼堂。通称石黒弥平。天保頃の太鼓側判者。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳楽子糸長 りゅうらくし-いとなが

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
太鼓側の判者。天保(てんぽう)(1830-44)のころの人。江戸日本橋馬喰町にすむ。出羽(でわ)秋田出身。姓は石黒。通称は弥平。初号は和鳳亭。別号に青眼堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone