柳煙亭種久(読み)りゅうえんてい たねひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳煙亭種久 りゅうえんてい-たねひさ

?-? 幕末の戯作(げさく)者。
柳下亭種員(りゅうかてい-たねかず)の門人。嘉永(かえい)6年(1853)以降,合巻「滝桜花渦浪(たきざくらはなのうずなみ)」「春霞五色彩絵(はるがすみごしきのいろえ)」などをあらわした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android