コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳田聖山 やなぎだ せいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳田聖山 やなぎだ-せいざん

1922-2006 昭和後期-平成時代の中国哲学者。
大正11年12月19日生まれ。花園大教授をへて,昭和51年京大人文科学研究所教授となり,60年所長。のち中部大教授,花園大国際学研究所長をつとめる。中国禅宗史,禅文学が専門。平成2年中国の峨眉(がび)山に良寛詩碑を建立した。平成18年11月8日死去。83歳。滋賀県出身。大谷大卒。著作に「一休狂雲集」の世界」「禅思想」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳田聖山の関連キーワード達磨(禅宗の開祖)曹渓宝林伝臨済義玄無著道忠夢窓疎石一休宗純無門慧開臨済宗碧巌録臨済録慈栢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android