コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴色 ふしいろ

1件 の用語解説(柴色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ふしいろ【柴色】

色名の一つ。柴木しばきの煎汁で染めた灰色みのくすんだ茶色を表す伝統色名。「ふし」とは「しば」と同じ意味で、「山に柴刈りに行く」というときの柴をさす。いわゆる雑木のこと。古くは低い身分を表した色とされるが、江戸時代に茶色系統が流行すると一般的な色となった。灰汁あくに近い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柴色の関連キーワード黄櫨染柴木正紺黄櫨色梅染黄蘗紙香染丁子染手染煮染

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone