ふし

精選版 日本国語大辞典「ふし」の解説

ふ‐し【罘

〘名〙
① (「罘」は復、「」は思の) 宮門の内にある臣下が奏聞するとき、門内にはいり、この屏を前にし、今一度そのことを再考すべきであるというところからいう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔古今注‐都邑〕
椅子の後に立てる板張り屏風。ついたて。
随筆・南屏燕語(1826)三「罣 板屏在椅子後者、亦禰(フシ)(俗に云ふ衝立の類)」
[補注]①については一説門外にありとし、また闕に連なる曲閣とする。

ふし

〘名〙 の柄に鉄の三叉(みつまた)のついた(もり)。魚を突くのに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android