ふし

精選版 日本国語大辞典「ふし」の解説

ふ‐し【罘

〘名〙
① (「罘」は復、「」は思の) 宮門の内にある臣下が奏聞するとき、門内にはいり、この屏を前にし、今一度そのことを再考すべきであるというところからいう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔古今注‐都邑〕
椅子の後に立てる板張り屏風。ついたて。
随筆・南屏燕語(1826)三「罣 板屏在椅子後者、亦禰(フシ)(俗に云ふ衝立の類)」
[補注]①については一説門外にありとし、また闕に連なる曲閣とする。

ふし

〘名〙 の柄に鉄の三叉(みつまた)のついた(もり)。魚を突くのに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「ふし」の解説

【不】ふし

限りがない。はかられぬ。無数。〔史記、貨殖伝〕巴蜀の先(を得て、其のを擅(ほしいまま)にすること數世、家亦た不なり。

字通「不」の項目を見る

施】ふし

施する。

字通「」の項目を見る

【腐】ふし

腐肉

字通「腐」の項目を見る

【敷】ふし

開墾する。

字通「敷」の項目を見る

視】ふし

見下す。全体を把握する。〔北江詩話、三〕韓)の一切をするを以てして、必ず諄諄(じゆんじゆん)として曰く、辭を爲(つく)るに、宜しく略(ほぼ)字をるべしと。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android