雑木(読み)ぞうき

精選版 日本国語大辞典「雑木」の解説

ぞう‐き ザフ‥【雑木】

〘名〙 いろいろの樹木。また、用材にならない木。ぞうぼく。ぞうもく。
※俳諧・物種集(1678)「しのぶ夕に七貫くさった 錦木も今は雑木に立かえて〈柳般〉」
※長塚節歌集(1917)〈長塚節〉明治三八年「の木、櫟(くぬぎ)の木、そね、どろぶの木、くさぐさの、雑木(ザフキ)も積むと」

ざつ‐ぼく【雑木】

〘名〙 いろいろの木。また、薪にするほかに大した用途もない木。ぞうき。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「上野公園内の雑木(ザツボク)は已に黄落して」 〔宋史‐李昭伝〕

ぞう‐ぼく ザフ‥【雑木】

〘名〙 =ぞうき(雑木)
※続日本紀‐天平一五年(743)八月乙亥「雑木長三四丈已下」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雑木の言及

【雑木林】より

…〈ぞうきりん〉ともいう。有用材にならない樹種を雑木という。普通,針葉樹は用材としての価値をもつのに対し,広葉樹の中には用材として利用できない樹種が多い。…

※「雑木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android