栗石(読み)くりいし

精選版 日本国語大辞典 「栗石」の意味・読み・例文・類語

くり‐いし【栗石】

〘名〙 玉石(たまいし)より小さく、砂利より大きい土木建築用石材。径一〇~一五センチメートルぐらいの丸い石をいい、基礎工事の敷ならし材などに用いる。
御湯殿上日記‐弘治二年(1556)一一月一三日「このほと議定所の御庭池をうめさせられて、くり石をまきてなをさせらるる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「栗石」の意味・読み・例文・類語

くり‐いし【×栗石】

土木建築用の直径10~15センチぐらいの石。多く基礎材として使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android