コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式会社立学校 カブシキガイシャリツガッコウ

デジタル大辞泉の解説

かぶしきがいしゃりつ‐がっこう〔かぶシキグワイシヤリツガクカウ〕【株式会社立学校】

株式会社設立し運営する学校。構造改革特別区域法により可能となり、平成16年(2004)に2校が設立。設立については、高校以下は特区に認定された地方自治体が認める。また、不登校児童生徒などの教育に実績をもつNPO法人も学校を設立できる。私学助成の対象にならず、税制上の優遇もない。教職員は私学共済組合に加入できない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

株式会社立学校

もともと学校は国、地方自治体、学校法人しかつくれなかったが、小泉首相時代の2003年度から、地域を限って規制を緩和する「構造改革特区」で、株式会社が設立できるようになった。内閣官房によると現在、小学校通信制高校、大学などが計36校ある。

(2010-10-14 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

株式会社立学校の関連情報