コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核形成

岩石学辞典の解説

核形成

気体,液体,固体の中で,小さい種()から新しい結晶が成長する結晶作用の過程で,結晶核の形成作用および形成速度などが含まれる.飽和溶液または過飽和溶液の中で,溶質(solute)からの結晶核の自発的な形成作用である[Crystal Growth : 1949, Wager : 1959].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核形成の関連情報